外国為替市場介入(為替介入)はご存知でしょうか?日銀が為替の介入をして新聞記事、雑誌、報道番組、インターネットなどのニュースでチラリと見たみなさんもいると思います。初めから為替への介入というのは我が国では、大臣(財務大臣)円の相場の安定を実現できるように用いる戦略として使われています。簡単に言うと、極端な円高もしくは円安の場合に財務大臣の用命が出ると中央銀行(日本銀行)日本円を取引することで為替の相場を安定させる、といったものです。為替の介入とは方法が何通りかあります。1.単独介入・・・政府や中央銀行(日本銀行)が、東京での市場で積極的に市場に入って来て介入をする。2.協調介入・・・いくつもの銀行などが協議のうえで、各々の通貨当局のお金を用いて同時期にもしくは引き続いて為替の介入を行なっていく。3.委託介入・・・他国の銀行などに為替の介入を任せる。4.逆委託介入・・・日本銀行が海外銀行などに代わり為替介入(外国為替平衡操作)をする。こんなような方法です。どのやり方の為替介入も一時的に、もしくは当面為替のレートに多大な影響を与えます。為替介入(外国為替市場介入)の金額はやはり誇りをかけて行なうだけに桁外れです。円を元に考えると、普段は数銭ずつ動くレートが突如数円の動きをするのです。個人の投資家の人ならば一度は経験したことがあると思うのですがこれまで上手に含み益(あるいは損失)が増加していた保有高を維持していたところで、保持している持ち高が決済しましたとの情報がFX業者の人間よりEメールが届き・・・得になったのかな(損したのかな)?と思いながら決済後の報告を見ると自分で予想していた事と正反対の状況になっていて驚いてしまったといったことがあるのです。外国為替平衡操作(為替介入)が行われた時に多く聞いた話です。このように為替の介入が実施されると為替市場の変動とまったく逆の変動をすることがわかります。加えて動く金額の幅はでかく動きますので用心しましょう。